現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

一筆多論

「怪人」に学ぶ闇の効用 長戸雅子

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ミュージカル「オペラ座の怪人」を長期間休演した劇場=2020年6月、米ニューヨーク(共同)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ミュージカル「オペラ座の怪人」を長期間休演した劇場=2020年6月、米ニューヨーク(共同)

人生に確実に存在する3つのこと。死、税金、そして「オペラ座の怪人」―とも評された米ニューヨーク・ブロードウェーのロングランミュージカル、「オペラ座の怪人」(作曲、アンドリュー・ロイド・ウェッバー)が新型コロナウイルス禍の影響で来年2月に閉幕する。

ロンドン生まれとはいえ、ブロードウェーの「顔」といえる存在だ。「キャッツ」の公演回数を抜いた2006年に出演者らを取材したが、チケットの売れ行きは過去最高で、連日満席。誰もが怪人の舞台は永遠に続くと信じていた。

コロナの感染拡大でブロードウェーは約1年半にわたり興行中止を強いられ、昨年9月に再開した。しかし怪人には十分な客足が戻らなかったそうだ。

ランキング

  1. 【産経抄】1月29日無料プラン記事

  2. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  3. 【主張】ロシアの復帰検討 IOCの愚策支持できぬ

  4. 【主張】コロナ「5類」 移行の準備に万全を期せ

  5. 【産経抄】1月28日無料プラン記事

  6. 【国防解体新書】(11)非効率な戦闘機対処 ドローンに「もしもし」 社会部編集委員・半沢尚久有料プラン記事

  7. 【浪速風】トイレ付き車両の整備を

  8. 【田村秀男の経済正解】政府・日銀共同声明をまき直せ有料プラン記事

  9. 【野口健の直球&曲球】女性登山家、谷口けいさん 多くの人に愛された濃い人生

  10. 【主張】どうするNHK 新会長は「改革」の先頭に