妻殺害容疑で逮捕の長野県議 「早く捕まってほしい」一問一答

妻希美さんらのアルバムを手に取材に答える丸山大輔容疑者=9月、長野県塩尻市
妻希美さんらのアルバムを手に取材に答える丸山大輔容疑者=9月、長野県塩尻市

妻の希美さん=当時(47)=を殺害した疑いで今月28日に逮捕された長野県議の丸山大輔容疑者(48)に対し、共同通信の記者が今年9月に取材した際の一問一答は、次の通り。

―希美さんの事件を知った状況は。

「朝7時台に息子から『母ちゃんがやばい』と電話があった。救急車を呼んで、私にも電話したという感じでした」

―希美さんが殺害されたとみられる時間帯、県議はどちらに泊まっていたのか。

「議会中で、議員会館にいつものメンバーで泊まっていましたね」

―容疑者が捕まらないことに対して。

「処罰というより、何があったのかを知りたい。そのためにも早く捕まってほしい」

―夫婦仲は。

「普通じゃないですかね。何十年も仲のいい夫婦も気持ち悪いなってのもある。でも、選挙の時は出てきてくれてたし、家族旅行もしたり。まあ普通ですよ」

妻殺害疑い、長野県議逮捕 昨年9月に自宅で窒息死

殺人容疑の長野県議、同僚と前日夜まで長野市で飲酒

会員限定記事会員サービス詳細