ピーチ、年末年始の関空ー札幌など計92便欠航 機材納入遅れで

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは29日、12月27日から来年1月13日にかけて関西国際空港と札幌、鹿児島、沖縄を結ぶ3路線の一部、計92便を欠航すると発表した。11月中に予定されていた航空機1機の納入が遅れるため。すでに約5900人が予約しており、払い戻しや便の振り替えで対応する。

新型コロナウイルス禍やロシアのウクライナ侵攻などによる部品供給体制の混乱で航空機メーカーでの生産が遅れ、納期に間に合わなくなったという。

会員限定記事会員サービス詳細