米、フィンランドに武器 露の脅威念頭、支援鮮明

米国務省=ワシントン(AP=共同)
米国務省=ワシントン(AP=共同)

米国務省は28日、北欧フィンランドへの空対空ミサイル40基や空対地ミサイル48基などの売却を承認し、議会に正式通知した。売却額は約3億2330万ドル(約448億円)に上る見通し。ウクライナに侵攻したロシアと国境を接し、軍事的な脅威に直面するフィンランドを支える姿勢を鮮明にした。

国務省はフィンランドへの支援を「米国の安全保障にとって重要」と指摘。フィンランドはスウェーデンとともに、米主導の北大西洋条約機構(NATO)加盟に向けた協議を続けている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細