「アプリ差し止めと脅迫」 マスク氏がアップルに反発

イーロン・マスク氏(AP=共同)
イーロン・マスク氏(AP=共同)

米ツイッターのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は28日、米アップルが「アプリ市場でツイッターを差し止めると脅している」と根拠を示さずに投稿した。また、アップルがツイッターでの広告をほぼ停止したと指摘し、「彼らは米国での言論の自由を憎んでいるのか」と反発した。

マスク氏がツイッターを買収後に人種差別的な投稿が急増し、大手企業の広告撤退も相次いでいる。影響力のあるアップルがアプリ市場からツイッターを排除し、広告出稿も見合わせた場合はツイッターの経営の混乱に拍車がかかり、低迷が続いている業績への悪影響が広がる可能性がある。

マスク氏は、アップルのティム・クックCEOに宛てて「何が起こっているのか」とも書き込んだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細