堺・父弟殺人事件 48歳女に無期懲役判決

足立朱美被告
足立朱美被告

堺市で平成30年、インスリン製剤の過剰投与で父親を、練炭自殺を装って弟をそれぞれ殺害したとして、殺人罪などに問われた無職、足立朱美被告(48)に対する裁判員裁判の判決公判が29日、大阪地裁で開かれた。坂口裕俊裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

弁護側は全面的に無罪を主張。足立被告は一貫して認否を黙秘し、最終意見陳述でも「(言いたいことは)特にございません」と述べていた。

堺の父弟殺害事件、48歳女に死刑求刑 

論告で検察側は、足立被告が事件前に「低血糖放置で死ぬ?」などと検索していたほか、練炭の購入履歴もあったと指摘。弟の聖光(まさみつ)さん=当時(40)=については、偽の遺書を作成した上で殺害したとして、「巧妙で計画性が高く、極刑を回避する事情がない」と指弾した。

対する弁護側は、足立被告が家族を殺害する「動機は不明」と主張。父親の富夫さん=当時(67)=の死因は持病の末期がんだとして低血糖脳症との因果関係を否定したほか、聖光さんについても、「体格差のある相手に1人で犯行が可能だろうか」などと疑問視した。

また、仮に有罪の場合でも、「人命軽視の度合いが著しく高いとまでは言えない」と死刑を回避するよう求めていた。

起訴状などによると、足立被告は平成30年1月下旬ごろ、堺市中区の実家で、富夫さんに多量のインスリン製剤を投与して低血糖脳症で死亡させたほか、同年3月には、聖光さんを睡眠薬で眠らせた上で練炭をトイレ内で燃やして一酸化炭素中毒により殺害したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細