ウルグアイ、攻撃陣不発 カバニ、スアレスも無得点

【ポルトガル―ウルグアイ】後半、好機を逃し、頭を抱えるウルグアイのスアレス=11月28日、ルサイル競技場(共同)
【ポルトガル―ウルグアイ】後半、好機を逃し、頭を抱えるウルグアイのスアレス=11月28日、ルサイル競技場(共同)

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグH組のウルグアイは28日、タレントぞろいの攻撃陣が不発で、ポルトガルに0-2で敗戦。4大会連続の決勝トーナメント進出はガーナとの第3戦に懸けることになった。アロンソ監督は「チャンスはあったが、ゲームを支配することはできなかった」と複雑な表情を浮かべた。

4大会連続出場のストライカー、カバニは2トップの一角で先発するも、後半13分には右からの浮き球を空振りするなどチャンスをものにできなかった。後半27分にはそのエースに代わって同じく4大会連続出場のスアレスがピッチに立ったが、ゴールに迫れず頭を抱えた。

1次リーグ突破にはガーナに勝つことが最低条件となった。2010年南アフリカ大会では準々決勝で対戦し、PK戦の末に勝利した因縁がある難敵。指揮官は「タフなゲームになると思うが、自信を持っている」と語った。(大石豊佳)

会員限定記事会員サービス詳細