現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月29日

28日、中国・北京で、当局による検閲に対抗して抗議活動の象徴となった白い紙を掲げ、ゼロコロナ政策に反対する人々(ロイター)
28日、中国・北京で、当局による検閲に対抗して抗議活動の象徴となった白い紙を掲げ、ゼロコロナ政策に反対する人々(ロイター)

中国の習近平国家主席は、サッカーファンとして知られる。その意向を反映しているのだろう。ワールドカップ(W杯)カタール大会で中国は、代表チームの出場を逃しながらも大きな存在感を示している。

▼スポンサーには多くの中国企業が名を連ね、大会を支えている。中国は開催を記念して、カタールに2頭のジャイアントパンダまでプレゼントした。国営メディアは連日、大会の模様を伝えている。とはいえ、中国の国民は純粋にサッカーを楽しめているだろうか。

▼新型コロナウイルスの撲滅をめざす「ゼロコロナ」政策への抗議活動が、中国各地に広がっている。きっかけとなったのは、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で起きた10人が死亡した火災だった。コロナ対策の封鎖により消火活動と住民避難が遅れたとの指摘が、ネット上で広がった。

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【大阪「正論」懇話会】中国の脅威に「経済と軍事の準同盟関係で対抗を」 評論家・江崎道朗氏 

  3. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  4. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  5. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  6. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  7. 【月刊正論】門田隆将 国民の命を守ることが憲法違反なのか? 「内なる敵」のため迷走し続ける邦人救出問題

  8. 【iRONNA発】北朝鮮有事 日本が取るべき選択肢はこれしかない 松竹伸幸氏

  9. 【正論】「抗がん剤効果少ない」との発表 高齢者がん治療方針を転換せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  10. 【正論】「結婚の奨励」こそが少子化対策 麗澤大学教授・八木秀次無料プラン記事