7割の米菓工場に法令違反 6人死亡火災で労働局調査

新潟労働局は29日、新潟県内の米菓製造工場の約7割で避難口に障害物が置かれるなど労働安全衛生法違反に当たる事例が見つかり、是正勧告したと発表した。従業員6人が死亡した三幸製菓の工場火災を受け、調査していた。

労働局によると、県内に36ある工場のうち、7工場で避難口や表示に不備があり、6工場で適切な場所に消火器が置かれないなどしていた。

労働局が3月に県内の米菓業者に安全管理体制の自主点検を要請したところ、約7割の工場で不備が見つかったため、抜き打ちでの調査を進めていた。

会員限定記事会員サービス詳細