露の性犯罪、責任追及を ウクライナ大統領夫人

ウクライナのオレナ・ゼレンスキー大統領夫人(AP)
ウクライナのオレナ・ゼレンスキー大統領夫人(AP)

ロシアの侵攻が続くウクライナのオレナ・ゼレンスキー大統領夫人は28日、ロンドンで開催された紛争下の性的暴力防止をテーマにした国際会議に出席した。「ロシアは性犯罪を武器として使っている」と非難し、責任追及の重要性を訴えた。会議を主催する英政府が発表した。

オレナ夫人は「性的暴力は誰かを支配していることを証明するための最も残酷で動物的な手段だ」と強調し、ロシア兵は「組織的、かつ公然」と性犯罪を行っていると批判した。「被害者は誰も安全だと感じられないことから、戦時中に被害について証言することは困難だ」と指摘した。

ウクライナでは、事例は多くないものの、犯罪の調査や責任追及が戦時中に実施されており、それが「最大の成功だと確信している」と説明。戦争犯罪は「兵士らが何の罰も受けずに済むと考える限り、世界で起こり続ける」として国際的な対応を求めた。英メディアによると、オレナ夫人は28日、首相官邸を訪れ、スナク首相の妻と面会した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細