現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

カタールの街角から

日本の歴史的勝利見守った競技場の屋根

ドイツ撃破の舞台となったハリファ国際競技場。太陽工業が屋根を手掛けた(村本聡撮影)
ドイツ撃破の舞台となったハリファ国際競技場。太陽工業が屋根を手掛けた(村本聡撮影)

サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本がドイツから歴史的勝利を飾ったドーハのハリファ国際競技場。今大会の8会場で唯一、新設ではないカタール国立競技場の屋根は、日本のメーカーが手掛けたものだ。

2014年から3年がかりの大規模改修に参画したのは大阪市淀川区に本社を構える太陽工業。1922年に能村テント商会として創業し、ピーク時には大型膜構造建築で世界シェア7割を誇ったこともある「膜屋」だ。

ランキング

  1. <速報>WBCの野球日本代表「侍ジャパン」メンバー全30選手を正式発表

  2. 元横綱白鵬の宮城野親方、引退相撲でまげに別れ

  3. メッツ千賀がWBC出場断念 「全力で応援」と投稿

  4. 自己ベスト狙う佐藤 野口監督「21分台はいける」

  5. 組織委元次長が主導 独禁法で立件へ 五輪談合

  6. 【スポーツ異聞】女性登山家・谷口けいさんの滑落死から何を学ぶのか? 山のトイレ事情と「用足し」論

  7. 母になって、強くなった 前田彩里、4年ぶりのマラソン復帰戦へ

  8. MGC切符争いも白熱…前田、大東ら虎視眈々

  9. 【フォト】村瀬心が3大会ぶり3位 冬季Xゲーム、岩渕4位

  10. 【小林繁伝】金も出すが口も出す…名物オーナーの死去 虎番疾風録其の四(150)