80歳女性が5500万円特殊詐欺被害

千葉県警柏署は29日、柏市に住む女性(80)が、10月20日までに4回に分けて5500万円をだまし取られる特殊詐欺被害があったと発表した。

同署によると、国民生活センター職員やNPO法人職員をかたる男らが8月9日~10月20日、女性に複数回、電話をかけ「個人情報が漏れている可能性があり、あなたの名義でサイトに会員登録がされている」「他人があなたの会員情報を使ってお金を振り込んだことが問題になっている」などと話した。女性は「逮捕されないための保証金」という名目で、4回に分けて自宅や自宅前の路上で、金融庁職員をかたる男に計5500万円を手渡した。この男は年齢20歳代くらいで身長約160センチ、体格は中肉で黒色の短髪だったという。

期限になっても返金されず、指示された電話番号につながらないことを不審に思った女性が今月6日に通報し、事件が発覚した。

会員限定記事会員サービス詳細