死亡患者預金約2千万円詐取未遂で医師逮捕

警視庁外観=東京都千代田区
警視庁外観=東京都千代田区

偽造した預金払戻請求書などを銀行に提出し、死亡した元患者の預金約2千万円をだまし取ろうとしたなどとして、警視庁小金井署は29日、有印私文書偽造・同行使と詐欺未遂の疑いで、内科医、村上美佐子容疑者(44)=東京都国分寺市本町=を逮捕した。「患者の妹に頼まれてやった。死んだ人の預金を払い戻すことが悪いことだと知らなかった」などと否認している。

逮捕容疑は、7月7日午前、同市内の銀行で、死亡した元患者の90代女性名義の預金払戻請求書を偽造したほか、女性の妹で認知症のある80代女性を元患者に成りすまさせ、口座から現金1930万円を詐取しようとしたとしている。

小金井署によると、女性は6月下旬に村上容疑者が勤めていた病院に入院し、約1週間後に死亡。それまで面識はないが、村上容疑者は「養女になる予定」と銀行に説明して現金を引き出そうとした。名義人本人の意思確認が必要として断られたため、同日に女性の妹を連れて再び銀行を訪れ、元患者に成りすまさせたという。不審に思った銀行側が同署に通報した。

会員限定記事会員サービス詳細