浪速風

エスカレーターでは立ち止まれ

南海難波駅のエスカレーター。人々は整然と右側に立ち、左側を急ぐ人が歩く
南海難波駅のエスカレーター。人々は整然と右側に立ち、左側を急ぐ人が歩く

東京出張などから帰阪すると必ず、戸惑うことがある。駅のエスカレーターで左右どちら側に立つか。東京では左側だから、その後ろに並んでいるが、大阪では右側に列ができている。自然、その後ろに立って思うのは「郷に入っては郷に従え」のことわざである

▶福岡市地下鉄が興味深い呼びかけをしている。日本の鉄道では関西は左側空け(右側立ち)、それ以外では右側空け(左側立ち)が定着しているが、福岡で日本初の2列利用を実現させようというのだ。ちなみにこの調査結果では、関西流の右側立ちは近畿2府4県のほか福井、徳島、愛媛、高知、島根、宮崎と少数派である

▶同地下鉄では昨年度までの3年間に54件の転倒事故が発生。原因は歩いたり走ったりするからで、横を追い越されて怖いという声もあるため、呼びかけを始めたという。2列利用とは要は、エスカレーターでは立ち止まれということ。日本列島から「せっかち」を追放する試みだ。

会員限定記事会員サービス詳細