米ハワイ島で38年ぶりの噴火 警戒レベルを引き上げ マウナロア火山

噴火する米ハワイのマウナロア火山=28日(米地質調査所ハワイ火山観測所提供・AP=共同)
噴火する米ハワイのマウナロア火山=28日(米地質調査所ハワイ火山観測所提供・AP=共同)

米地質調査所(USGS)によると、世界最大の活火山として知られるハワイ島のマウナロア火山(標高4169メートル)で27日午後11時半(日本時間28日午後6時半)ごろ、噴火が始まった。1984年以来、38年ぶり。溶岩は山頂付近にとどまっており住民への避難命令は出ていないが、当局は警戒レベルを引き上げ注意を呼びかけている。

国立気象局は一部地域で最大0・6センチ程度の灰が積もる可能性があるとしている。山頂付近は立ち入りが禁止された。

マウナロア火山は世界で最も活発な火山の一つで、明確な記録が残る1843年以降では30回以上噴火している。1984年の噴火以降は沈静化していたが、最近は地震活動が活発化し専門家らが監視を強化していた。

ハワイ島の人口は約20万人。同島では2018年にキラウエア火山が噴火して700以上の住宅が破壊され、多くの住民が避難生活を強いられるなど多大な被害が出た。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細