千葉駅東口付近でバス事故 歩行者らけが

JR千葉駅東口(千葉市中央区)のロータリー付近で29日朝、路線バスが歩行者をはね、乗客も転倒する事故があった。

千葉県警千葉中央署によると、29日午前9時5分ごろ、千葉市中央区新千葉のJR千葉駅東口のロータリー付近で、京成バスの運転手(49)がバスを運転中、別のバスから降車した20代とみられる女性とバスの右前部分が接触、女性は軽傷を負った。また、接触する際にバスが急ブレーキで止まったため、10代とみられる乗客の女性が転倒し、軽傷を負ったという。

同署は事故原因などについて調査を進めるとしている。

会員限定記事会員サービス詳細