中国「強権発動はプラスにならず」同友会代表幹事

記者会見に臨む経済同友会の桜田謙悟代表幹事=29日午後、東京都千代田区(村山雅弥撮影)
記者会見に臨む経済同友会の桜田謙悟代表幹事=29日午後、東京都千代田区(村山雅弥撮影)

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は29日の記者会見で、新型コロナウイルスを封じ込める「ゼロコロナ」政策への抗議行動が中国で広がる状況について「習近平政権が強権を発動しても中国の政治、経済にはプラスに働かない」と述べ、中国政府に冷静な対応を求めるとともに、事態が長引けば世界経済への影響は避けられないとの見方を示した。

桜田氏は、抗議行動が長期化して拡大した場合はサプライチェーン(供給網)への影響をはじめ、消費の冷え込みによる中国市場への輸出停滞、中国人客の海外での消費減少などが想定されるとした。

一方で、中国政府が比較的穏やかに対応しているのはゼロコロナ政策への不満を緩和させたいとの思惑が働いている可能性があると指摘。抗議行動で習国家主席への退陣要求があったことも踏まえ、桜田氏は「昔なら連れ去られて牢獄(ろうごく)に入れられたと思うが、中国の国民もここまで主張するようになったのかと正直驚いた」とした上で「中国がソフトランディング(軟着陸)しながら、より民主的な国家に変容し始めるきっかけかもしれない」との期待感を示した。

会員限定記事会員サービス詳細