宮台さん切りつけ 恐怖と不安が都立大包む

社会学者の宮台真司さんが切り付けられた東京都立大南大沢キャンパス=29日夜、東京都八王子市
社会学者の宮台真司さんが切り付けられた東京都立大南大沢キャンパス=29日夜、東京都八王子市

構内に「不審者がいる」とのアナウンスが響き、学生らは恐怖と不安に包まれた。東京都立大(東京都八王子市)の南大沢キャンパスで29日、同大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が切りつけられた事件。雨が降る中、職員に促されて、学生たちはこわばった表情で下校した。

大学院生の男性(23)によると、午後5時ごろ「不審者が構内にいるので部屋から出ないように」とのアナウンスが流れ、その後「事件があったので注意してほしい」という学内メールがスマートフォンに届いた。近くには他に数人の学生がおり、互いに不安そうな様子で建物内にとどまったという。

別の大学院生(23)は「いつも門が開いていて、他の大学と比べると出入りが自由だ。警備員に学生証の提示を求められることもない。事件が起きて怖い」と声を震わせた。

宮台真司さん切られ重傷 都立大で男逃走


会員限定記事会員サービス詳細