寄生虫か百人超皮膚病変 青森、シラウオを生食

青森県は29日、寄生虫に起因してかゆみや腫れが出る「皮膚爬行(はこう)症」とみられる患者が9月下旬以降、県内で約130人に上ったと明らかにした。多くの人が淡水魚のシラウオを生食しており、一部の検体からは寄生虫の一種「顎口虫(がっこうちゅう)」を確認。県は顎口虫が皮膚の下をはうことで起きた症状とみて、生食をしないよう注意を呼びかけている。

県によると、いずれも命に別条はない。患者の多数が、小川原湖(青森県東北町)名産のシラウオを生で食べていた。また、一部の患者の皮膚検体から顎口虫の幼虫が検出された。

顎口虫の幼虫が寄生する淡水魚や動物の肉を加熱せずに食べると、幼虫が皮下組織に移動し、かゆみや腫れを引き起こすことがある。治療には駆虫薬などを用いるという。

会員限定記事会員サービス詳細