林外相「台湾情勢を注視」蔡総統地方選大敗

日本記者クラブで会見を行う林芳正外相=9月30日午後、東京都千代田区(納冨康撮影)
日本記者クラブで会見を行う林芳正外相=9月30日午後、東京都千代田区(納冨康撮影)

林芳正外相は29日の記者会見で、台湾で26日投開票された統一地方選で蔡英文総統が率いる与党・民主進歩党が大敗し、蔡氏が党主席辞任を表明したことについて「関連の情勢を引き続き注視していきたい」と述べた。

林氏は「台湾は日本にとって、自由民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有し、緊密な経済関係と人的往来を持つ極めて重要なパートナーで、大切な友人だ」と強調した。その上で「日台間の協力と交流のさらなる深化を図りたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細