集じん機点検中に上部から木くず落下、3人生き埋め 三重の工場

写真はイメージです。本文とは関係ありません
写真はイメージです。本文とは関係ありません

28日午前11時20分ごろ、石膏(せっこう)ボードの開発を手がける三重県川越町の「チヨダウーテ」の工場で、作業員3人が集塵(しゅうじん)機に巻き込まれたと119番があった。同日正午過ぎにうち1人が救出された。容体は不明。別の1人は自力で脱出して無事という。三重県警などが詳しい状況を調べている。

 県警四日市北署によると、3人は燃焼した木くずを冷却する装置の定期点検作業中、上部から木くずが落下して生き埋めになったという。

同社によると3人は業務委託先の30~50代の男性という。

同社のホームページによると、昭和23年設立。住宅の壁や天井に用いられる石膏ボードの開発や製造、販売を手がけている。

会員限定記事会員サービス詳細