線路から発煙、環状線など一時運転見合わせ JR西九条駅

28日午前8時40分ごろ、大阪市此花区西九条のJR大阪環状線西九条駅で、駅に到着した外回り普通電車の運転士が「線路内で煙が出ている」と大阪指令所に連絡した。

JR西日本によると、外回り線路の枕木から煙が出たが、約20分後に消し止められた。電車が通過した際に生じた火花が枕木に引火したとみられる。

このトラブルで大阪環状線の全線と、JR桜島線の西九条-桜島間で一時運転を見合わせ、約40分後に運転を再開した。計16本が運休したほか、20本が最大41分遅れ、約1万6700人に影響した。

会員限定記事会員サービス詳細