住基ネットの個人情報漏洩か 杉並区職員らを再逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

東京都の杉並区職員が住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)から得た情報を漏洩(ろうえい)した事件で、警視庁捜査2課は住民基本台帳法違反の疑いで、杉並区職員、市川直央容疑者(32)=同区=と、知人で住所不定、職業不詳、佐々木洋樹容疑者(34)を再逮捕した。

再逮捕容疑は共謀の上、昨年6月、市川容疑者が佐々木容疑者の依頼を受け、区役所内の端末から住基ネットにログインし、都内の男性の住所を閲覧し、佐々木容疑者に情報を漏らしたとしている。

捜査2課によると、市川容疑者は20人以上の個人情報を不正に閲覧していたとみられ、暴力団関係者や過去に警察に逮捕されていた人らも含まれているという。佐々木容疑者は暴力団関係者からの依頼を受けて人探しをしていたといい、捜査2課はほかにも不正がないか調べている。

会員限定記事会員サービス詳細