日本は勝てば1次L突破 最終戦、黒星なら敗退

コスタリカ戦前半、森保一監督=アハマド・ビン・アリ競技場(撮影・村本聡)
コスタリカ戦前半、森保一監督=アハマド・ビン・アリ競技場(撮影・村本聡)

1次リーグE組は第2戦が終了し、スペインが勝ち点4、日本とコスタリカが同3、ドイツが同1となった。日本は最終戦でスペインに勝てば勝ち点6で2位以内の条件を満たし、決勝トーナメントに進む。しかし、負ければ敗退が決まる。

日本が引き分けた場合、コスタリカ―ドイツの結果次第となる。

コスタリカも引き分けると、日本と勝ち点4で並び、得失点差0の日本が同マイナス6のコスタリカを上回って16強入りする。

コスタリカが勝つか、ドイツが2点差以上で勝つと、日本は3位で敗退。ドイツが1点差で勝てば、日本と勝ち点4、得失点差も0で並び、総得点の多いチームが1次リーグを突破する。総得点でも並べば、直接対決で勝った日本がドイツを上回る。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細