錦鯉がマスターズ初出場「THE MANZAI」 “最高顧問”たけしはヤクルト・村上のユニホーム姿で登場

錦鯉(上から3段目左)が初出場する(C)フジテレビ
錦鯉(上から3段目左)が初出場する(C)フジテレビ

「M-1グランプリ2021」で涙の優勝を遂げた錦鯉が、12月4日放送の「THE MANZAI 2022 マスターズ」(後7・0)に初出場する。

人気と実力を兼ね備えた名手(マスター)が一堂に会する年に一度の漫才最高峰の祭典。フジテレビから発表されたマスターの顔ぶれは、アンタッチャブル、海原やすよ ともこ、おぎやはぎ、かまいたち、銀シャリ、サンドウィッチマン、霜降り明星、タカアンドトシ、千鳥、テンダラー、ナイツ、中川家、錦鯉、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、パンクブーブー、フットボールアワー、マヂカルラブリー、ミキ、ミルクボーイ、笑い飯の全22組(五十音順)。これに27日開催されたプレマスターズ1位の1組が加わる(当日発表)。

バッティングポーズのビートたけし(中央)、ナインティナインの矢部浩之(左)と岡村隆史(C)フジテレビ
バッティングポーズのビートたけし(中央)、ナインティナインの矢部浩之(左)と岡村隆史(C)フジテレビ

番組には“最高顧問”のビートたけしとMCのナインティナインが出演。たけしは毎回、その年を象徴する有名人やキャラクターのコスプレを披露するが、今年は56本塁打という日本新記録を打ち立て、史上最年少で3冠王に輝いたヤクルト・村上宗隆選手と同じ背番号「55」のユニホームで登場。放った第一声や恒例の開会宣言もみものだ。

たけしは「みんなネタ作りを頑張っている。そうやってどんどんネタが進化していくんだろうね」と感心し、初出場の錦鯉については「押し出し方っていうのは、実はすごく古いタイプのネタ。パッチーンって頭たたかれながら“こーんにーちわー!“なんてさ(笑)。昔だったら“クサいよ、それ”って言われちゃうようなネタなの。だけど今それを正面切って見せられると、逆に新鮮に感じて笑っちゃうんだよ」と笑顔で解説した。

ナイナイの2人は「みなさん新ネタを披露されていて改めてすごいし面白かった。近くでたけしさんが見ていらっしゃるから独特の緊張感もある」と話したあと、各マスターを称えていた。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細