飼育クマに襲われ男性死亡 長野

28日午前9時20分ごろ、長野県松本市五常で、無職の丸山明さん(75)が、飼育しているクマに襲われたと家族から110番通報があった。丸山さんは全身をかまれ、病院に搬送されたが、死亡が確認された。クマは猟友会に射殺された。

県警松本署によると、丸山さんは体長約1メートルの雄のツキノワグマを20年ほど前から飼育していた。警察官がクマを発見し、猟友会員が射殺した。自宅敷地内にあるおりの中で丸山さんが倒れていたことから、署は世話をしていた際に襲われたとみて調べている。現場は松本市の中心部から北に約10キロの山間部にある。

会員限定記事会員サービス詳細