「分身」で画面越し接客 グリーンローソン1号店

サステナブルな施策を集めた「グリーンローソン」。遠隔地にいるアバターの店員がモニター画面越しに接客する=28日、東京都豊島区(飯嶋彩希撮影)
サステナブルな施策を集めた「グリーンローソン」。遠隔地にいるアバターの店員がモニター画面越しに接客する=28日、東京都豊島区(飯嶋彩希撮影)

ローソンは28日、遠隔地にいる店員が画面上にアバター(分身)となって接客する「グリーンローソン」の1号店を東京都豊島区にオープンさせた。環境負荷軽減や人手不足の解消に向け、サステナブル(持続可能)な工夫を盛り込んだ「近未来型店舗」と位置づける。2025(令和7)年までに100店舗への拡大を目指す。

店舗では、キャラクターとなって映し出された店員が接客。モニターは、店の入り口やセルフレジなど4カ所に配備され、遠隔地にいる店員が、無人レジの操作やおすすめ商品を身ぶりや表情を交えて説明する。

時間や身体的な制約があっても接客できるため、竹増貞信社長は、「(店員は)生産性や賃金が上がる方向で社会に参画できる。裏側に生身の人がいる温かさを活用したい」と意気込みを語った。

店舗には、既存のチルドや常温の弁当はなく、販売期限の長い冷凍弁当と、店内厨房(ちゅうぼう)で調理した弁当を販売する。厨房はスマートフォンで注文を受ける。まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らしたり、出来立ての弁当を提供したりして差別化を図る。

また、プラスチック削減のため有料レジ袋の販売を廃止。スプーンやフォークの提供も来年1月に完全撤廃する。環境に配慮した素材でできたエコバッグやマイカトラリーを置く。(飯嶋彩希)

会員限定記事会員サービス詳細