「飛鳥美人」の顔料特定 高松塚古墳壁画 文化庁

文化庁は28日、奈良県明日香村の国宝・高松塚古墳壁画(7世紀末~8世紀初め)に使用されている顔料を分析した結果、「飛鳥美人」として知られる西壁女子群像から辰砂(しんしゃ)やアズライト=藍銅鉱(らんどうこう)、マラカイト=孔雀(くじゃく)石などの鉱物が確認されたと発表した。従来からこれらの使用は推定されていたが、科学的にも裏付けられた形となった。

7月に国立文化財機構の調査グループが鉱物の種類を特定するX線回折分析を実施。西壁女子群像のうち、右から2人目の女子像の唇と、右端の女子像の裳(も)=スカート状の衣服=の赤色部分から辰砂が確認されたほか、右から2人目の女子像の裳の青色部分からアズライト、右端の女子像の着物の緑色部分からマラカイトの成分が、それぞれ検出された。

調査にあたった東京文化財研究所の犬塚将英・保存科学研究センター分析科学研究室長は「壁画の適切な保存環境を考える上でも、使われている鉱物を特定できたことは大きい」と強調する。壁画にはアフガニスタン産の宝石ラピスラズリが使用されているとの指摘もあるが、今回の調査では確認されなかった。

調査グループはさらに、今回特定できなかった西壁女子群像のピンクや黄色の部分や、東壁に描かれた四神「青龍」についても今年度中に調査し、成分の特定を進める方針。

会員限定記事会員サービス詳細