野村証券、店舗ATM全廃 来年3月末、利用減少で

野村証券は28日、本店や支店に設置しているATMを来年3月末で全廃すると発表した。セブン銀行など提携する金融機関のATM増加に伴い、野村証券の店舗内ATMの利用者は大幅に減少しているという。全廃しても顧客の利便性は大きく低下しないと判断した。国内営業で進めている合理化策の一環となる。

対象のATMは全国106店舗の113台。来店客が証券口座に出入金できるよう設置していた。

会員限定記事会員サービス詳細