賃上げ目標導入を否定 日銀総裁と首相

衆院予算委で答弁に臨む日銀の黒田東彦総裁=28日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委で答弁に臨む日銀の黒田東彦総裁=28日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

日本銀行の黒田東彦総裁は28日の衆院予算委員会で、消費者物価の安定的な2%の上昇を目指す政府と日銀の共同声明に賃金上昇の目標を盛り込むことについて「政府、日銀のそれぞれの役割を現時点では見直す必要はない」と否定的な見方を示した。岸田文雄首相も「見直しは考えていない」と述べた。立憲民主党の藤岡隆雄氏への答弁。

黒田氏は、物価上昇を加味した実質賃金の上昇は「基本的には労働生産性の伸びによって決まる」と指摘。労働生産性は技術進歩など金融政策ではコントロールできない要因の影響を受けるとして「実質賃金の上昇率を金融政策の目標にするのは難しい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細