買収の医療法人から1億円を着服容疑 コンサル会社代表を再逮捕 被害総額3億円

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

買収した医療法人から1億円を着服したとして、大阪府警捜査2課などは28日、業務上横領の疑いで、東京都江東区の医療コンサルタント会社「帝凰(ていおう)グループ」代表取締役、佐藤留美被告(52)=静岡県長泉町東野、同罪などで起訴=を再逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

佐藤容疑者は昨年8月から今年7月にかけて、経営再建や事業譲渡を求める2つの医療法人と薬局経営会社1社を買収。買収先で詐欺や着服を繰り返しており、3法人の被害総額は計約3億円に上る。

再逮捕容疑は7月、買収の契約を結んだ大津市の医療法人から預かった通帳などを使い、法人名義の口座から別の口座に1億円を送金し着服したとしている。

府警は8月、大阪市淀川区の医療法人から融資の担保名目で5千万円を詐取したとして、詐欺容疑などで佐藤容疑者を逮捕。東京都北区の薬局経営会社から約1億円を着服したとする業務上横領容疑などで再逮捕していた。

会員限定記事会員サービス詳細