現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月28日

在日ロシア大使館=東京都港区
在日ロシア大使館=東京都港区

新聞記者は、戦争や大震災、大事故といった人の世の不幸が、おしくらまんじゅうをしているような現場に出かけていって、当事者の話を聞かねばならぬ因果な商売である。昔は、悲嘆に暮れている遺族を拝み倒して「ガンクビ」と呼ばれる犠牲者の顔写真を集められない記者は一人前でない、とまでいわれた

▼当方は、一人前になる機会を逸して馬齢を重ねてしまったが、それでも面の皮がいささか厚くなってしまった。「面の皮の厚さ番付」があれば、幕下クラスには入れるかもしれない

▼番付上位には、政治家のあの人やこの人の顔が思い浮かぶが、外国人横綱には、ロシアの外務次官に出世あそばされたガルージン前駐日大使を推挙したい。何しろこの人の面の皮は、銃弾をも撥(は)ね返すだろう

ランキング

  1. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  2. 【緯度経度】日本の戦史研究にいそしむ中国 古森義久有料プラン記事

  3. 【産経抄】2月3日無料プラン記事

  4. 【正論】半導体規制、「対中」を避けるな 明星大学教授・細川昌彦無料プラン記事

  5. 【浪速風】古巣復帰の香川に期待

  6. 【主張】「飲む中絶薬」 女性の身体を守る契機に

  7. 【主張】日本とNATO 協力の深化で平和を守れ

  8. 【緯度経度】反日に飛びつく防弾政治 黒田勝弘有料プラン記事

  9. 【正論】日本を衰退させた南京事件の噓 新しい歴史教科書をつくる会副会長・藤岡信勝無料プラン記事

  10. 【偏西風】大ガスSOEC技術開発 CO2「ゼロ」にする逆転の発想 奈良支局長・粂博之無料プラン記事