少年事件記録50件超調査へ 廃棄問題で最高裁

最高裁判所=東京都千代田区
最高裁判所=東京都千代田区

平成9年に起きた神戸連続児童殺傷事件など、重大少年事件の記録が永久保存とせずに廃棄された問題で、最高裁は28日、少年事件50件余りの記録を廃棄した経緯や原因などを個別に調査すると決定した。担当した職員から聞き取りをするなどし、来年4月をめどに報告書を作成して結果を公表するとしている。

記録保存について検証する有識者委員会(座長・梶木寿元広島高検検事長)の第2回会合が28日、最高裁で開かれ、調査方針が議論された。会合は非公開で、終了後に最高裁が明らかにした。

調査対象となるのは、平成12年の愛知県豊川市の夫婦殺傷事件や、16年の佐世保小6女児殺害事件など。神戸連続児童殺傷事件の調査は今月10日から始まっており、既に30人余りから聞き取りを終えている。

少年事件の他、オウム真理教の解散命令など8年以降に最高裁で確定し、廃棄が明らかになった民事裁判の記録34件なども調査の対象とした。

会員限定記事会員サービス詳細