動画

北京でも抗議集会 ゼロコロナ不満高まる 

中国上海市中心部で新型コロナウイルス対策に抗議する人たち=27日(共同)
中国上海市中心部で新型コロナウイルス対策に抗議する人たち=27日(共同)

【北京=三塚聖平】中国で新型コロナウイルスの感染対策が強化されている中、各地で住民による抗議活動が起きている。中国最大の経済都市である上海市では、習近平国家主席の「退陣」を求める異例の事態も起きた。徹底的に感染拡大に歯止めを掛ける「ゼロコロナ」政策の堅持方針を習政権が崩さず、厳しい制限措置が長期化していることへの庶民の不満が高まっている。

米政府系のラジオ自由アジア(RFA)などによると、26日深夜から27日未明にかけて上海でコロナ対策に関する抗議活動が行われ、「習近平退陣」や「共産党退陣」といったスローガンが叫ばれた。中国共産党や最高指導者に対する批判を公開の場で行うことは中国では極めて異例だ。

抗議活動は、新疆(しんきょう)ウイグル自治区ウルムチ市で24日に起きた火災の犠牲者を追悼するものだったという。感染対策としてとられていた封鎖措置で消火活動が遅れたとみられ、その後に同市内で大規模な抗議活動が起きたと伝えられている。上海では今春、約2カ月間にわたるロックダウン(都市封鎖)が行われており、ゼロコロナ政策への不満が高まっていたとみられる。

ロックダウンに近い状況に陥っている北京市でも、封鎖地域で抗議活動が起きているとの情報が交流サイト(SNS)で流れている。広東省や河南省など各地でもコロナ対策に関する抗議活動が起きていると伝えられている。

習指導部は今月10日、ゼロコロナ政策の継続方針を示す一方で、対策を「最適化」するよう指示。庶民の反発が強い「画一的な対応」を行わない方針を示しているが、それにより感染拡大を封じ込められずにおり、中国のゼロコロナ政策は庶民の不満にも直面して最大の危機を迎えている。

【フォト特集】「習近平、退陣せよ」 上海で異例のデモ、2日連続

会員限定記事会員サービス詳細