メルセデスAMGの新しい味わい 新型EQS 53 4MATIC+試乗記

メルセデスAMGが手掛けた新型「EQS 53 4MATIC+」に小川フミオが試乗した。超高性能ピュアEVサルーンの魅力を探る。

驚きの加速力

メルセデス・ベンツのピュアEVがだんだんとラインナップが充実してきた。さらにひと足先を行きたい人には、ラグジュアリーセグメントのメルセデスAMG EQS 53 4MATIC+という手もある。静かで速く、かつ、ハイテク感満載の趣味性の高さも魅力的だ。

EQS 53 4MATIC+は、2022年9月に、メルセデス・ベンツ「EQS 450+」と同時発売。後者よりすこし遅れて、10月から日本でのデリバリーが始まったモデルだ。

最大の特徴は、パワーアップ。450+がリアモーターの後輪駆動であるのに対して、AMGバージョンは前後にモーター搭載の全輪駆動。前者の256kWに対して、後者のシステム合計出力は484kWとかなりパワフルだ。

システム合計の最大トルクは950Nmに達し、「トルクシフト機能」によってフロントとリア、2つのモーター間で必要なトルクを毎分1万回にわたってチェック。駆動トルクの緻密な連続可変配分が行われるという。「機械式4輪駆動システムに比べてはるかに速い反応」(メルセデスAMG)が、セリングポイントだ。

実際乗ると、静かでパワフル。しかも乗り心地は快適。新しいモデルが登場するごとに、メルセデス・ベンツ傘下ブランドのピュアEVは確実に進化しているのだ。

足まわりは、連続可変ダンピングシステム「ADS+」とエアサスペンションを組み合わせた「AIRMATIC」が標準装備。メルセデスAMGだけあって、「コンフォート」を選んでも、450+より、足まわりは硬めだ。

なにより印象的なのは加速力だ。容量が107.8kWhある駆動用バッテリーを搭載し、衝突安全性も高めたボディのため、車重は2670kg。

それでいて、静止から100km/hまでの加速タイムが3.8秒というメーカーのデータにまったくウソはない、というほど、のけぞるような速度感が体感できる。

ドライブモードセレクターで、「スポーツ」とか「スポーツ+」を選ぶと、異次元というぐらいのスピードが味わえる。試乗したのが箱根のワインディングロードだったので、このモードは使う場面はなかった。

インフォテインメントシステムがすごい!

箱根の道で感心したのは、10度と異例ともいえるほど大きな操舵角をもつリアアクスルステアリング(後輪操舵)の恩恵もあって、おもしろいぐらい、きもちよく大小のカーブをこなす点だ。

低速とか中速のカーブの連続する道を走ったとき、従来とは異次元ともいいたくなるほどのスムーズな走りに、私はいたく感心してしまった。速度が高めだと、ブレーキングのとき車重を意識するので、ゆったりとかまえて走らせるのが、このクルマをよく味わえる。

会員限定記事会員サービス詳細