探訪&動画

冬到来、川面を滑る「白い龍」 愛媛「肱川あらし」

早朝、長浜大橋を包んで海へと吹き抜ける肱川あらし。同橋は国内最古の道路可動橋として国の重要文化財に指定されている =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
早朝、長浜大橋を包んで海へと吹き抜ける肱川あらし。同橋は国内最古の道路可動橋として国の重要文化財に指定されている =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)

ゴォーゴォー。深夜、大きな風音で目を覚ました。宿を飛び出し高台へ向かう。すでに地元の人たちが数人カメラを構えている。眼下の街並みから山の方へと目をやると、奥に霧の端が見え隠れしていた。

瀬戸内海・伊予灘に面する愛媛県大洲市の長浜地区。県最大の河川、肱川の河口で例年10月~翌年3月の早朝に見られるという「肱川あらし」を撮りに訪れていた。

夜間、上流の広い盆地にたまった冷気と霧が翌日の早朝、強風に運ばれ川面に生じた霧とともに海へと流れこむ自然現象だ。条件は厳しく、見られるのは5日に1度ほど。前日が暖かく、朝冷え込む日に発生しやすいという。

伊予灘に立つ「気嵐(けあらし)」も壮観だ =愛媛県大洲市
伊予灘に立つ「気嵐(けあらし)」も壮観だ =愛媛県大洲市

カメラを手にしばらく待つが谷間の霧が動く気配はない。「今日は難しいかもしれないね」。そんなささやきも漏れ始めたころ、空が明らむとともに上空の雲が流れ、うっすらと月が姿を現した。すると、放射冷却が強まったのだろうか。上流にたまっていた霧のかたまりが、まるで巨大な生き物のように動き始め、街のシンボル「長浜大橋」をのみ込み大海原へと流れていった。

気づけば、3時間ほど続いた壮大な自然のショーに夢中でシャッターを切っていた。

山間を人間の肘のように曲がって流れることから名付けられたともいわれる肱川。古くから氾濫の多い「暴れ川」でもあったという。平成30年の西日本豪雨をきっかけに、一帯では護岸工事が進む。

長浜大橋の近くで生まれ育った松本久仁恵さん(81)は「中学生のころ肱川あらしに濡れながら通学したのは忘れられない。堤防工事で景色は変わっていくが、長浜大橋と肱川あらしだけは昔のまま」と話す。

地元にとって、シーズン最初の肱川あらしは冬の到来を告げる風物詩。小さな港町で本格的な冬支度が始まる。(写真報道局 萩原悠久人)

早朝、肱川あらしが吹き付ける長浜大橋 =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
早朝、肱川あらしが吹き付ける長浜大橋 =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらしが吹き付ける中、長浜大橋を自転車で渡る地元住人 =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらしが吹き付ける中、長浜大橋を自転車で渡る地元住人 =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらし発生時、河口では壮大な気嵐が見られる =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらし発生時、河口では壮大な気嵐が見られる =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらし発生時、河口では壮大な気嵐が見られる。長浜は坂本龍馬が脱藩の際、四国をあとにした場所としても知られる =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
肱川あらし発生時、河口では壮大な気嵐が見られる。長浜は坂本龍馬が脱藩の際、四国をあとにした場所としても知られる =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
山間部から続々と流れ、吹き抜ける肱川あらし =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
山間部から続々と流れ、吹き抜ける肱川あらし =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
満月の下で出現した肱川あらし =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)
満月の下で出現した肱川あらし =愛媛県大洲市(萩原悠久人撮影)

会員限定記事会員サービス詳細