「重症率、感染力で判断」 厚労相、コロナ分類見直し

加藤厚労相=9日午後、厚労省
加藤厚労相=9日午後、厚労省

加藤勝信厚生労働相は27日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス感染症の法的位置付けの見直しを巡り「致死率や重症化率、感染力、ウイルスの変異を考えながら判断する」と述べた。現在感染症法上で危険度が2番目に高い「2類」より幅広い措置が取れる分類で、厚労省は年内にも見直しに向けた作業に着手する方針。

加藤氏は「具体的にイメージできるよう、(専門家に)いろいろと議論してほしい」と強調した。

現在コロナの治療薬や診療に関わる費用は公費で賄われている。今後、季節性インフルエンザと同じ5類への引き下げなどにより、患者の自己負担を求めるかどうかについては「2類5類にも絡む話。トータルで議論していく必要がある」と述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細