気になる!

新書『死ねない老人』杉浦敏之著

『死ねない老人』
『死ねない老人』

高齢者に「死にたい」と言わせないためには、どうすればいいか。在宅医療に携わる医師が超高齢社会の課題に切り込む。

「死ねない」とは「生きていたくないが、死ぬこともできない」などの趣旨。家族に迷惑をかけているという感覚が耐えがたい人や、心身ともに健康でも友人を次々と亡くして気分が落ち込んでいる人ら、多様な実例で高齢者の気持ちを分かりやすく伝える。

高齢者の年金に頼るパラサイト家族や、本人が延命治療を望まなくても離れて暮らす子供や田舎の親戚が口をはさむ「遠くの親戚問題」、医療側の問題なども。(幻冬舎新書・990円)

会員限定記事会員サービス詳細