阿炎、逆転で初賜杯 出場停止乗り越え、ともえ戦制す

初優勝を飾った阿炎=福岡国際センター(撮影・安部光翁)
初優勝を飾った阿炎=福岡国際センター(撮影・安部光翁)

大相撲九州場所千秋楽は27日、福岡国際センターで行われ、大関貴景勝と平幕の高安、阿炎が12勝3敗で並び、28歳の阿炎が三つどもえの優勝決定戦を制して初優勝した。

館内での優勝インタビューで阿炎が言葉に詰まった。体調不良で入院中の師匠、錣山親方(元関脇寺尾)について話を振られたときだ。「メールで『おかげさまで』と言いたい。本当に迷惑しか掛けてこなかったんで…。少しでも喜んでくれたらと思います」。あふれる涙をぬぐった。

力士として生まれ変われたからこそ、手にできた賜杯だ。新型コロナウイルスの感染対策違反で3場所出場停止処分を受け、幕下まで番付を落としたのが約2年前。師匠をはじめ周囲の厳しく温かい叱咤(しった)を受けて再起を図ってきた。

千秋楽は先頭の高安を追う立場で迎えた。本割で高安を土俵下まで突き倒し、優勝決定戦では高安、貴景勝を連破した。この日だけで3連勝の逆転優勝である。2度目の高安戦は立ち合いで左に動いて、はたき込み。阿炎の胸に頭を強打した高安がしばらく立ち上がれなくなり、土俵が不穏な空気に包まれたが、「ほとんど(観客の)声も聞こえなかった。集中できていた」と、続く大関戦で一気の押し相撲を見せた。精神力の強さは際立っていた。

休場明けで「リハビリの場所」と位置付けていたとは思えない快進撃だった。手術した右肘を再び痛めないよう、脇を締めて下から押すよう意識したことが奏功したといえるだろう。

「こういう結果を出せたのが(出場停止からの)一番の成長だと思う。自分の相撲を見極める大事な1年だった。来年からも続けていきたい」

三つどもえの優勝決定戦を平幕力士が制したのも、3場所連続平幕優勝も史上初めて。1年納めの九州場所は、来年も〝乱世〟が続くことを予感させる決着となった。(宝田将志)

会員限定記事会員サービス詳細