現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月27日

海上自衛隊哨戒機P3-Cから撮影した尖閣諸島 =沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)
海上自衛隊哨戒機P3-Cから撮影した尖閣諸島 =沖縄県石垣市(鈴木健児撮影)

〈あきつしま/しきしま/つがる/いず/ざおう〉〈むらくも/はやなみ/やまざくら/よど〉。風流な古歌の調べかと思えば、さにあらず。これらは海上にあってわが国を警備する船の名という。

▼海上保安庁の巡視船や巡視艇である。命名のルールを、同庁のウェブサイトで知った。外洋で活動する巡視船は「日本国の古い呼称(秋津洲(あきつしま)、敷島)・海峡(津軽)・半島(伊豆)・山(蔵王)」など、沿岸警備や海難救助を担う巡視艇は「雲・波・花」などから名づけるという。400近い船艇が11の管区に分かれて、昼夜、波立つ海に警戒の目を光らせている。

▼旺盛な働きを期待できるのは、比較的大型の巡視船や小型の巡視艇で20~25年だが、修繕などにより退役を先延ばしする船艇は少なくないという。約240隻ある巡視艇は、半数近くが今年度末で耐用年数を超える見込みだと、小紙の記事が伝えていた。代替船を造るための予算措置も、追い付いていないというから穏やかでない。

ランキング

  1. 【風を読む】「かぐや姫」もびっくり 教研集会の事例 論説副委員長・沢辺隆雄有料プラン記事

  2. 【産經抄】1月31日無料プラン記事

  3. 【浪速風】歴史を変えた伝統芸能

  4. 【政界 十六夜】不評の「長男起用」が意味するもの 石井聡有料プラン記事

  5. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  6. 【ポトマック通信】「ヘリコプター両親」

  7. 【大阪特派員】「幸せな何か」という余白 木村さやか有料プラン記事

  8. 【主張】被害者の心情伝達 真の反省引き出す制度に

  9. 【主張】広域強盗団 指示役の身柄移送を急げ

  10. 【スポーツ茶論】帝京高校の塩澤佑太が見たラーズ・ヌートバー少年 別府育郎