鹿児島で鳥インフル確認、殺処分開始 県内今季3例目

鹿児島県は27日、採卵鶏約47万羽を飼育している出水市の養鶏場で見つかった鳥インフルエンザ感染が疑われる事例で、遺伝子検査で陽性を確認したと発表した。県はこの養鶏場で飼育する採卵鶏の殺処分を始めた。1回当たりの殺処分数では県内過去最多で、自衛隊に派遣を要請した。国は高病原性かどうかの確定作業を進める。

県内の養鶏場では今季3例目。

県によると、26日午前、養鶏場から鶏が死んでいると農協を通じて、県の家畜保健衛生所に連絡があった。簡易検査では13羽全てが陽性だった。

出水市では今月、養鶏場で高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われる事例が2例確認され、計約19万8千羽を殺処分。うち1例は国の検査で高病原性が確定した。

会員限定記事会員サービス詳細