フォト

「習近平、退陣せよ」 上海で異例のデモ、2日連続

中国上海市中心部で白い紙を掲げ、新型コロナウイルス対策に抗議する人たち=27日(共同)
中国上海市中心部で白い紙を掲げ、新型コロナウイルス対策に抗議する人たち=27日(共同)

中国で新型コロナウイルス対策として厳しい行動制限を強いる「ゼロコロナ」政策に反対する動きが各地に広がり、上海市では27日夜、習近平国家主席の退陣を求める異例のデモが発生した。北京市にある習氏の出身大学でも学生が抗議行動を起こした。10月に発足した3期目の習指導部は、早くも統治への不満が表面化する事態に直面した。

新型コロナウイルス政策に対する抗議活動が発生した中国上海市中心部で道をふさぐ治安当局者(奥)=27日(共同)
新型コロナウイルス政策に対する抗議活動が発生した中国上海市中心部で道をふさぐ治安当局者(奥)=27日(共同)

「習近平、退陣せよ」。新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者10人を追悼する集会が、26日に続き2日連続で上海市中心部の路上で開かれた。27日に集まった数百人はゼロコロナ政策への抗議のほか、「皇帝よ退陣せよ」と述べて習氏を激しく批判するシュプレヒコールを上げた。市民を取り囲んだ警官隊とにらみ合いになり、拘束者が出た。

同自治区ウルムチ市の高層住宅で起きた火災は、コロナ対策で周囲が封鎖されていたため救助が遅れたとされる。

「共産党は引っ込め」「独裁は要らない」 追悼が一転、警官と対峙

政府批判が犯罪行為となる中国で、こうした抗議は異例だ。

火災現場の地名が入る「ウルムチ中路」に数百人が集まり、白い紙を手に持ち無言で抗議。その後、習氏辞任を求める叫び声が飛んだ。数人が当局に連行された。

現場にいた30代の男性は「ウルムチ火災の追悼に来た。僕らには投票権がない」と政治制度に不満を語った。

26日夜は、インターネットで情報が拡散され100人以上が集合。ろうそくや花が路上に供えられた。新疆関連の曲も流れた。次第に新型コロナウイルスを徹底的に封じ込める習指導部の「ゼロコロナ」政策に対する不満を叫ぶ人が現れ「共産党は引っ込め」「独裁は要らない、民主が必要だ」と、政府批判に発展したという。(共同)

中国江蘇省南京で学生らによって行われた、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する集会の一場面とみられる画像(「微博(ウェイボ)」から、共同)
中国江蘇省南京で学生らによって行われた、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する集会の一場面とみられる画像(「微博(ウェイボ)」から、共同)
中国上海市の中心部で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する人たち=26日(共同)
中国上海市の中心部で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する人たち=26日(共同)
中国上海市の中心部で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する人たち=26日(共同)
中国上海市の中心部で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を追悼する人たち=26日(共同)
中国上海市とみられる場所で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を悼む人たち(「微博(ウェイボ)」から、共同)
中国上海市とみられる場所で、新疆ウイグル自治区で24日に起きた火災の犠牲者を悼む人たち(「微博(ウェイボ)」から、共同)
27日、中国上海市のウルムチ中路で警戒する警察官(共同)
27日、中国上海市のウルムチ中路で警戒する警察官(共同)
中国上海市中心部で新型コロナウイルス対策に抗議する人たち(手前)と対峙する治安当局者=27日(共同)
中国上海市中心部で新型コロナウイルス対策に抗議する人たち(手前)と対峙する治安当局者=27日(共同)
27日、中国上海市のウルムチ中路に集まった警察官ら(共同)
27日、中国上海市のウルムチ中路に集まった警察官ら(共同)

会員限定記事会員サービス詳細