三原V、GPファイナルへ 佐藤も最終戦2位で初進出

佐藤駿(AP)
佐藤駿(AP)

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、フィンランド大会最終日は26日、エスポーでフリーが行われ、女子はトップの130・56点をマークした三原舞依(シスメックス)が合計204・14点とし、ショートプログラム(SP)2位から逆転で優勝した。

GP初制覇の第4戦英国大会に続く2連勝で、渡辺倫果(法大)とともに6人で争うファイナル(12月8~10日・トリノ)に初進出した。

河辺愛菜(愛知・中京大中京高)が197・41点の3位で、紀平梨花(トヨタ自動車)は4位。

男子は佐藤駿(明大)が合計262・21点で2位に入り、ファイナルに初めて進んだ。イリア・マリニン(米国)が278・39点でGP2連勝を果たし、壷井達也(シスメックス)は4位、本田ルーカス剛史(木下アカデミー)は11位だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細