解雇騒動に直面したツイッターの従業員たちは、こうして大混乱の渦中に放り込まれた

イーロン・マスクが買収したツイッターでは、多くの従業員たちが解雇騒動に巻き込まれた。残された社員たちは、以前とまったく違う方針と指揮系統によって大混乱の渦中に放り込まれている。

サンフランシスコで働くツイッターの社員たちは、新たな上司であるイーロン・マスクが社内の半数の人間を一時解雇(レイオフ)する方針であることを知って、最寄りのバーへと繰り出した。現地時間で2022年11月3日午後5時を少し過ぎたころである。本社があるマーケット・ストリート周辺のバーが並ぶ一角は、自分は淘汰を免れたか確認しようとするツイッターの社員で溢れかえっていた。

「あの晩は複雑な気分でしたね」と、解雇を免れたツイッターのあるエンジニアは語る。彼はこの1週間の出来事について気兼ねなく語るため、匿名を条件に取材に応じた。

ツイープたち(ツイッターでは社員をこう呼ぶ)はアルコールを片手にツイッター社員時代の思い出話をする傍らで、スマートフォンの画面を更新し続け、職場用と私用のどちらの受信トレイにメールが送られてくるか待ち構えていた。前者へのメールなら解雇は免れたということ、だが後者なら解雇を意味する。

「少しずつメールが届き始めたんです」と、このエンジニアは振り返る。スマートフォンを確認できた人は、誰もが近くの飲み仲間たちに自分の運命を伝えていた。そして別の連絡手段でも、ほかの仲間たちに結果を伝えていた。

このエンジニア自身は、今後どうなるかは五分五分くらいに考えていた。しかし、最終的に彼の職場用の受信トレイに1通のメールが届いた。何とか解雇を免れたのである。

だが、その知らせは必ずしも彼が望んだものではなかった。仕事は安泰でも、日常は決して楽なものではなかったからだ──。

残されたものたちへの余波

ソーシャルメディアにはツイッターから“追放”された元ツイッター社員たちで溢れかえり、自分のキャリアがこれからどうなるのか、いら立ちや恐怖を訴えている。解雇の連絡があった社員宛の社内メールによると、社員たちには2023年1月3日までツイッターから給与が支払われる予定という。これは事前通知なしに社員を解雇することを禁じたカリフォルニア州労働者調整・再訓練予告法(WARN法)の遵守を義務づけられているからでもある。

一方で、この疲弊した会社に置き去りにされる社員には、それほど関心は寄せられていない。残った社員たちは気まぐれで有名な新しい上司がツイッターを根本から立て直そうと舵を切るなかで、世界中の厳しい目に晒されながら、残された残骸を拾い集めようと働かなければならないのだ。

ツイッターの継続した運営も容易ではなくなる。特に新オーナーが計画を社員たちに伝えていない場合はなおさらだろう。

会員限定記事会員サービス詳細