天皇陛下、都内の病院で前立腺の生体検査ご受検

前立腺の組織検査を受けるため、東京都内の病院に入られる天皇陛下=27日午前(代表撮影)
前立腺の組織検査を受けるため、東京都内の病院に入られる天皇陛下=27日午前(代表撮影)

天皇陛下は27日、都内の病院を訪問し、前立腺の組織の一部を採取する生体検査を受けられた。宮内庁は後日、結果を公表するとしている。

陛下は同日午前9時前、病院に車で入られた。その際には、窓を開け、沿道の人に会釈で応じられた。

陛下は前立腺の疾患の指標となるPSA(前立腺特異抗原)の数値に「やや懸念される傾向」があり、今月6日にMRI検査を受けられた。この検査で、前立腺の肥大が確認されたものの、宮内庁は「特に懸念される所見はない」と発表。ただ、大事をとってさらに詳しい検査を受けられるとしていた。

陛下の体調に変化はなく、26日には皇后さまとともに東京都渋谷区の明治神宮会館を訪れ、ボーイスカウト日本連盟の創立100周年記念式典に臨席された。

会員限定記事会員サービス詳細