平幕阿炎が初優勝、28年ぶりの三つどもえ制す

優勝決定巴戦で貴景勝を破った阿炎=福岡国際センター(撮影・安部光翁)
優勝決定巴戦で貴景勝を破った阿炎=福岡国際センター(撮影・安部光翁)

一年納めの大相撲九州場所は27日、福岡市博多区の福岡国際センターで千秋楽を迎え、西前頭9枚目の阿炎(28)=本名・堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=が12勝3敗で初優勝を果たした。平成6年春場所以来28年ぶりの三つどもえの優勝決定戦で大関貴景勝、平幕高安を破った。

今年の大相撲は上位陣の不振が目立ち、6場所全て違う力士が優勝した。これは年6場所制となった昭和33年以降で3度目(5場所開催の令和2年を除く)。3場所連続で平幕が制覇するのは、優勝制度確立の明治42年夏場所以降で初めて。

会員限定記事会員サービス詳細