超多忙なイーロン・マスクは、課題山積のツイッターまで適切に経営できるのか

テスラを買収したイーロン・マスクは、テスラやスペースX、さらには輸送用トンネルや脳インプラントの企業まで率いている。ここまで超多忙でありながら、いかにツイッターの経営課題を解決していけるのだろうか。

最近のイーロン・マスクは、いろいろと慌ただしい。ツイッターを440億ドル(約6兆4,000億円)で買収してからの1週間で、マスクは経営幹部の解雇や何千人という従業員をレイオフし、自身が最高経営責任者(CEO)で唯一の取締役であることを宣言した。さらにはTwitterの「認証バッジ」などの特典と引き換えにユーザーに月額8ドルを請求するなど、怪しげな事業計画についてツイートとミームを使って公表している。

だが、これらはすべてマスクの新しい“副業”にすぎない。この世界で最も裕福な男は、おそらくいま最も忙しいのだ。マスクは電気自動車(EV)メーカーのテスラ、宇宙企業のスペースX、輸送用トンネルを掘削するボーリング・カンパニー、最終的に人間とコンピューターとの接続を意図した脳インプラントの試験を行うニューラリンクのCEOを務めながら、Twitterの改革も進めようとしている。

そんなマスクは、これらの複雑なプロジェクトのすべてをいかに同時に管理・主導しているのだろうか?

マスクの功績はおそらく断片的で、ますますそのようになっていくリスクがある。「ひとりのCEOが4つや5つの企業を同等に効果的に経営することなど不可能です」と、マスク本人とその事業を研究しているハーバード・ビジネス・スクール教授のデイビッド・ヨフィーは言う。「わたしたちはそのような期待をすべきではありません」

ほかのベンチャー企業が複雑な課題に直面しているとき、なじみのない業界の企業で新たにCEOに就くことになれば、それらすべてをうまくこなすことがさらに難しくなるだろう。

困難に直面しつつあるテスラ

マスクにとって最も価値の高い企業はテスラだ。しかし、そのテスラからマスク自身の気がそらされるには、よくないタイミングと言える。

マスクの経営の下でテスラは、バッテリー技術、自動車生産、自動運転の分野で進歩を遂げ、急速に売り上げを伸ばしてきた。そして2022年第3四半期には、世界全体で34万3,000台という驚異的な台数を納入した。これは前年同期に比べて1.3倍超の増加である。

一方でテスラは、競争力のあるEVを自前で生産するほかの自動車メーカーの攻勢に直面している。中国への依存度を高めているテスラにとっては、より困難な状況に陥る可能性があるだろう。

これから数年間で、米国だけでもさまざまなブランドから十数車種の新型EVがデビューする。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが6月に発表したレポートによると、EV市場におけるテスラのシェアは、21年の70%超が25年までには10%台前半に下落する可能性があるという。

テスラはまた、自動運転技術による運転支援システム「オートパイロット」が関連した事故を巡り、複数の訴訟に直面している。さらにロイターの記事によると、テスラが「完全自動運転」を謳って販売しているアップグレード機能の宣伝について、違法である可能性を踏まえて米司法省から捜査を受けているという。

会員限定記事会員サービス詳細