名古屋城の空に煙のアート ブルーインパルスが飛行

愛知県政150周年を記念し、名古屋城上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=26日午後、名古屋市
愛知県政150周年を記念し、名古屋城上空を飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=26日午後、名古屋市

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が26日、愛知県内の上空を飛行した。県政150周年を記念したもので、名古屋市の名古屋城上空ではスモークで円やハートを描き、集まった人から歓声が上がった。

名古屋城近くの公園では午後1時45分ごろ、雲が広がる空に6機が隊列を組んで登場。旋回して6つの輪を桜の花に見立てたり、いろんな方向に散らばって飛んだりした。

愛知県政150周年を記念し飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=26日午後、名古屋市
愛知県政150周年を記念し飛行する航空自衛隊のブルーインパルス=26日午後、名古屋市

両親と訪れた田宮和希君(5)は「すごい」と大興奮。カメラが趣味という建設業、鬼頭克己さん(63)は「本物を見るのは子供の頃以来。写真に収めることができてよかった」とほほえんだ。

飛行チームは空自小牧基地を出発し、約50分間にわたり国宝犬山城や11月に開業したジブリパークがある愛・地球博記念公園の周辺上空も飛び、基地に戻った。

会員限定記事会員サービス詳細