現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

11月26日

最下層の武士から最高権力者にまで駆け上った山県有朋元首相は、「一介の武弁」と称していた。だがその実、趣味は和歌で、生涯に数万首を詠んだとされる。25日発売の月刊『ウイル』1月号のコラムで作家、中村彰彦さんが、山県が人の死を悼んだ哀傷歌を紹介していた。

▼中村さんによると山県は明治天皇と歌道で結ばれ、君臣相和していた。《天つ日の光はきえてうつせみの世はくらやみとなりしけふかな》。その天皇の崩御に際しての歌である。天皇と、和歌について語り合った思い出も詠んでいる。《大みことかしこみし日のみけしきの猶(なお)目の前にうかふかなしさ》

▼同じ長州出身の井上馨元外相の訃報に接すると、こう嘆いた。《語らむと訪(と)ひしを君は先たちて残る老か身たのみなき世や》。菅義偉前首相が、9月27日の安倍晋三元首相の国葬儀で自身の胸中に重ねて引用した山県の歌が思い浮かぶ。《かたりあひて尽(つく)しゝ人は先だちぬ今より後の世をいかにせむ》

ランキング

  1. 【産経抄】2月7日無料プラン記事

  2. 【大手町の片隅から】なぜ共産党は激高するのか コラボ問題の国会質問に 乾正人

  3. 【大阪「正論」懇話会】中国の脅威に「経済と軍事の準同盟関係で対抗を」 評論家・江崎道朗氏 

  4. 【正論】「あらまほしき戦争」に備えよ 東洋学園大学教授・櫻田淳無料プラン記事

  5. 【主張】北方領土の日 G7で「四島返還」共有を 日本外交は露の衰退に備えよ

  6. 【風を読む】「金融オセロ」は今後もクロ? 論説副委員長・井伊重之有料プラン記事

  7. 【iRONNA発】北朝鮮有事 日本が取るべき選択肢はこれしかない 松竹伸幸氏

  8. 【浪速風】学校でのマスク生活

  9. 【正論】「抗がん剤効果少ない」との発表 高齢者がん治療方針を転換せよ 拓殖大学学事顧問・渡辺利夫

  10. 【沖縄考】絶海の島の日の丸 那覇支局長・川瀬弘至 有料プラン記事