原坂一郎の子育て相談

子供に激怒する親にどう対応?

このコーナーを孫育ての参考にしている者です。先日、駅のホームで激しく「謝りなさい!」とどなる女性の声。見ると若いお母さんが9歳くらいの男の子の腕をつかんで体を揺すり、激しく怒っていました。私は思わず「何か役に立つことはないですか」と母親に言い、目に涙をためていた男の子に優しく声をかけました。しかし、母親は怒りと憎しみの目をしたまま去りました。誰かが「警察を呼んでいます」と言いましたが、母親は止まらず、私はその後を追う男の子を抱きしめて別れました。こんな場合、どうすればよいのでしょう? あの男の子が気になって仕方ありません。

子供を激しく叱る親を街で見かけると、なんとかしたいと思う気持ち。私も同じなのでよく分かります。誰かが警察を呼ぶなんて、そのときはよほど激しい怒り方だったのでしょう。普通は何もできないのに、母親にも子供にも声をかけたあなたは立派です。

いつか飛行機の中で、通路を挟んだ隣の席の子供が、何かで手を挟み泣いていたことがありました。その母親は、なだめるどころか激しく怒り、とても冷たい態度を取ったので子供は余計に泣きました。私は、小さな声でお母さんにアドバイスを送りました。すると「ほっといてくださいっ!」と、私まで怒られました。

そんなときは、何を言ってもダメなようです。「そうですね。私が間違っていました」とはなりません。私はその言葉には何も返さず、黙っていました。その母親も、その後ずっと無言で目を閉じていました。でも、飛行機を降りるとき、私にこう言ったのです。「さっきはすみませんでした」

あなたが目撃したお母さんも、もしかしたら家であなたのことを思い出し、反省したかもしれません。あなたのしたことは大正解。その場で改まらなかったかもしれませんが、彼女にいろいろなことを思う機会を与えたはずです。本当の子育て支援者とは、あなたのような人のことです。これからもどうぞその優しさで、地域の親子を見守ってあげてください。(こどもコンサルタント)

はらさか・いちろう 23年間の保育士勤務を経て平成16年から、こどもコンサルタントとして研究・執筆・講演活動を行う。日本笑い学会理事。自他共に認める怪獣博士でもある。

子育てに関する悩みを「原坂一郎先生へ」と記してお寄せください。原坂先生が回答します。

<メール> life@sankei.co.jp

会員限定記事会員サービス詳細